メニュー

いびき・無呼吸外来

睡眠時呼吸症候群(SAS)とは、就寝中にある一定の間隔で無呼吸の状態になる病気で、大きく分けると気道が閉じてしまう「閉塞型」と脳から呼吸の指令が発せられなくなる「中枢型」に分けられます。但し、中枢型の発症はまれで、大半が閉塞型となります。

閉塞型の無呼吸の定義として、10秒間の呼吸停止や低呼吸が1時間に5回以上見られる場合を指し、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。また、この回数を無呼吸低呼吸指数(AHI)といい、重症度を決める際に使用します。
睡眠時無呼吸症候群は完全に呼吸が停止するのではなく一定間隔で無呼吸となりますが、その状態で苦しくなってくると体はどうにかして気道を広げ呼吸を再開させます。ですので、眠ったまま窒息してしまうことはありません。
この病気のやっかいな所は無呼吸状態が断続的に繰り返される点で、これが睡眠障害を引き起こします。そのため、日中に急激な眠気を催すことがあり、例えば車の運転がお仕事上必須の方など思わぬ事故を招く可能性があります。他にも、生活習慣病との関連性が明らかになってきており、進行すると糖尿病や脳卒中の引き金となる場合もあります。
当院では睡眠時無呼吸症候群(SAS外来)にて改善を促し、日常生活への悪影響を解消するための治療を行います

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME