メニュー

風邪の症状・治療

風邪の主な症状は、発熱、咳、鼻水です。治療はこうした症状を和らげる対症療法が中心で、基本的には栄養を摂ってたっぷり眠ることで回復します。

咳や鼻水がひどいと熟睡するのが難しく、それで回復が遅くなる場合も多いものです。つまり、風邪を早く治すためには、早く症状を楽にしてあげるのが有効なのです。


鼻や喉の症状をそのままにしておくと、扁桃炎・副鼻腔炎・中耳炎などを併発して重症化する可能性もあります。耳鼻咽喉科は、鼻と喉を専門的に診る診療科です。そのため、その症状が風邪によるものかをしっかり診断し、的確な治療を行うことができます。
また、風邪が長引いていると思っていたら、アレルギー性鼻炎や花粉症が原因だったということも珍しくありません。
鼻水や咳の症状がつらい時、またこうした症状が長引いている際には、ぜひ耳鼻咽喉科で治療を受けてみることをおすすめします。

耳鼻咽喉科の風邪症状への対応・治療

診断に関しては、鼻や喉の状態を直接観察できる方法や検査機器があることが一番大きなメリットです。しっかり状態を観察することで、風邪以外の原因が隠れていないか、そして他の病気を併発していないかを確認できます。
治療では、鼻水の吸引、喉の局所処置、ネブライザー療法などが受けられることが大きな特徴です。これはどれも、つらい症状を楽にする効果があり、お身体への負担を軽くすることで回復を早める効果を期待できます。


特に小さなお子さまは自分でうまく鼻をかむことができないため、吸引はとても重要です。さらに、お子さまは風邪で中耳炎を併発しやすいため、その有無を正確に診断し、適切な治療を受けることができるのもメリットのひとつです。

こんな症状があれば、当院へ

・ひどい鼻水、鼻づまり
・喉の痛み(特に嚥下痛/飲み込む時の痛みがある場合には要注意です)
・声枯れ
・痰や咳が続く
・耳の痛みや痒みがある
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME