メニュー

花粉症(アレルギー性鼻炎)の治療

花粉症アレルギー性鼻炎は、鼻の粘膜で起こるアレルギー反応で、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状が反復して起こるのが特徴です。
これらの症状は、本来、異物を体内に入れまいとする防御機構とされています。すなわち、くしゃみで異物を吹き飛ばし、鼻水で洗い流し、鼻がつまって、それ以上異物を中に入れまいとする、身体にとって都合のよい反応です。

ところが、これらの反応が過剰に起こったり、他の人が異物と感じないものを異物と認識して症状を起こしてくると、身体にとって不都合な状態になり、アレルギー性鼻炎という病気なります。

このアレルギー性鼻炎において、植物の花粉が原因の場合を花粉症といいます。

原因となっている物質や症状の程度を確認

アレルギー性鼻炎の原因になっている物質を抗原といいます。アレルギー性鼻炎の第一の治療法は抗原回避です。

そのため、原因をみつける(抗原検索)は治療を行うにあたり最も重要な事であります。特に日本においてはスギ花粉による有病率が高く、一般的に花粉症=スギ花粉症と考えがちでありますが、アレルギー性鼻炎の抗原物質になりやすいものとして、他にダニ(ハウスダスト)、ヒノキやカモガヤ・ブタクサなどの花粉、かびなどが代表的です。

診断に関しては、主に採血が用いられます。しかし、採血でアレルギー抗体陽性であっても、症状や鼻の所見からアレルギー鼻炎ではがない場合も多くあるので、しっかりとした鼻内所見の観察及び発作の起こる条件の聴取、場合によっては鼻水を採取し確定診断する事が重要です。

実際、花粉症といわれ治療されていたり、セルフメディケーションでアレルギー性鼻炎(花粉症)の治療していても、実は鼻内の診察すると他の原因があったりする事もあります。

治療について

アレルギーの原因となる抗原を見つけて除去すること、ハウスダスト・ダニに対しては電気掃除機による掃除(完全な除去は困難)、花粉に対してはアレルギー用マスクなどもあります。

治療は下記の3つが主な治療になります。

①薬物療法

 くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を除くために、粘膜の過敏性を抑えたり、症状を起こす原因である化学物質(メディエーター)が働かないようにする薬(点鼻薬、内服薬など)が用いられます。症状が続くときには、通院して鼻の治療やネブライザーを受けるのも効果があります。
薬剤、外来治療で症状が繰り返し起こるような場合は、手術治療を行います。

②手術療法

 外来での通院治療を行うと、くしゃみ、鼻水は比較的早く良くなる場合が多いのですが、鼻づまりの症状は残ることがあります。この場合には、下甲介の手術や鼻中隔の手術を行う事で鼻づまりを解消が期待できます。

 当院では、レザー加療を含め局所麻酔での鼻中隔手術及び下甲介手術を施行しております。また、手術加療が可能な施設への紹介も行っております。

③免疫療法

 アレルギー性鼻炎は、体質が関係しますので完全に治すことはむずかしいのです。しかし、原因がわかれば、その抗原のエキスを少しずつ体内に入れる事により、別種の抗体を体内に作り、アレルギーを起こす抗体と抗原が結び付かないようにする「免疫療法(減感作療法)」というものがあります。最も根本的な治療法に近いと言えます。しかし治療期間が長期(3年前後)となる欠点はあります。

 当院では口腔内より投与する舌下免疫療法を行っております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME